えごま油に豊富なオメガ3について

最近耳にすることが多くなったオメガ3ですが、実際、このオメガ3というのは、どんなものなのでしょう?

オメガ3とは

オメガ3は私たち人間の体を作るための重要な役割を担っている必須脂肪酸のひとつです。

脂肪酸は、細胞膜や脳、ホルモン類の材料となるもので、体内で作ることができる飽和脂肪酸と、体内で作ることができず、体外から摂取しなければならない、不飽和脂肪酸に分けられます。

オメガ3は、この不飽和脂肪酸に分類され、えごま油などに多く含まれています。

オメガ6との関係

問題とされているのは、同じく不飽和脂肪酸に分類されるオメガ6の摂り過ぎです。

オメガ6はサラダ油やべにばな油、ごま油、コーン油、マヨネーズなどに含まれる脂肪酸ですが、アレルギーの要因となったり、炎症、血栓、血液ドロドロなどの原因となるため、摂取過剰となると、健康面でさまざまな弊害をもたらす恐れがあります。

これに対して、オメガ3は抗アレルギー、抗炎症作用があり、血管を拡張させたり、血栓ができるのを抑制したりする効果が認められています。

オメガ3には、オメガ6の摂り過ぎによる悪影響を抑える作用があると言われ、オメガ6の摂取量を減らすとともに、オメガ3の摂取量を増やすことが大切だというのは、もはや健康を守るための常識とさえなりつつあります。

オメガ3とオメガ6の摂取量の割合

オメガ3とオメガ6の摂取量の割合は、1:4〜1:2くらいが望ましいとされています。

ただ、現状ではオメガ6の摂取量がとても多く、実際には1:10〜1:20くらいになっている人もいるということです。
これは、オメガ6を含む植物油が家庭での調理に広く使われているということ、外食産業や加工品業界でも、コストが低く使いやすいことから、多く使用されているということに加え、マーガリンやショートニングとしてお菓子の原材料にも使用されていることなどが理由です。
ですから、意識して摂取量を減らす努力が必要となります。

まとめ

花粉症やアトピーなどのアレルギー体質や、生活習慣病の予防、改善に、その効果が多いに期待されているオメガ3は、今後、現代病に悩む人たちにとって、必要不可欠な栄養素となるかもしれません。

オメガ6の影響を緩和するためにも、積極的に摂っていきたいのが、えごま油などのオメガ3を豊富に含む食品です。

スポンサーリンク
えごま油10

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
えごま油10