アンチエイジングに効果的なえごま油の使い方

えごま油はアンチエイジング効果があることでも知られていますが、その効果の鍵となるのがDHAとEPAという成分です。

これらの成分は青魚などに豊富に含まれていますが、えごま油には入っていません。
しかし、えごま油の主成分となるαリノレン酸は、体内に入るとDHAやEPAに変換されるので、結果的にえごま油を摂取するとDHAとEPAを増やすことができます。

DHA・EPAの働きと効果

DHAやEPAは脳の細胞を活性化する働きを持っていますが、悪玉コレステロールを減らすという働きもあります。

血中のコレステロールは悪玉と善玉があり、悪玉コレステロールが優位になると血液がドロドロになって流れが滞ってしまいます。

血液の流れが悪くなると、まず、細胞に必要な栄養や酸素が行き渡らなくなります。
すると、新しい細胞の生成が遅れるために体はどんどん老化していきます。
人間の体が老化するのは、細胞が再生されずに古いままで機能が衰えることが原因なのです。

そして、血液の流れが悪くなると、余分な水分や老廃物などの排出まで滞ります。
老廃物が排出されないことでも、細胞の劣化が促進されるので、アンチエイジングには血液の流れが大きく関わっています。

えごま油によってDHAやEPAをたっぷり補給すれば、血液がサラサラになって細胞が元気になるので、アンチエイジングに高い効果が得られるのです。

使い方

効果的な使い方はいたってシンプルで、毎日大さじ1杯分のえごま油を飲むか、サラダや冷奴にかけたり、お味噌汁に混ぜたりするだけです。

特に、タンパク質と一緒に摂るとアンチエイジングに効果的なので、豆腐はもちろん納豆や卵かけご飯に加えるのがオススメです。

スポンサーリンク
えごま油10