えごま油はアトピーに効果的?

近年、油の摂りすぎがアトピーを誘発する一つの原因になっているというということが認知されてきました。

リノレン酸(オメガ6)とアトピーの関係

食用油は脂肪酸の種類によって、オメガ3、オメガ6、オメガ9という3つのタイプに分類されますが、この中でアトピーの原因となるとされるのが、オメガ6です。

オメガ6はリノール酸という脂肪酸ですが、良く聞きなれた名前かと思います。
一般的に料理などに使われることの多い食用油が、このリノール酸になります。

サラダ油、コーン油、大豆油、ごま油、べに花油、ひまわり油など、ご家庭でも良く使われるものが、このリノール酸ですが、実はリノール酸の摂りすぎが、アトピーを促進すると言われているのです。

リノール酸は、体内でアラキドン酸という物質に変化します。
アラキドン酸は、プロスタグランジンというアレルギー反応を促進するホルモン物質を生成するため、この量が増えるとアレルギーやアトピーが起こるということになります。

えごま油はアトピーに効くの?

これに対して、えごま油などのオメガ3の油は、アトピーやアレルギーを抑制する働きを持ちます。

オメガ3の脂肪酸、αーリノレン酸は、アレルギーや炎症を起こす化学伝達物質の代謝を抑える力を持ち、発生を抑えてくれる効果が期待できます。
また、αーリノレン酸には、リノール酸の摂りすぎによる様々な症状に対抗し、緩和する力もあるとされています。

ですから、リノール酸を控え、αーリノレン酸をバランス良く摂取することで、アトピーの予防や改善に繋がるということが言えるのです。

日本人のリノール酸摂取量は、必要目安量の6倍にもなっているそうで、これは欧米諸国に比べても突出して多く、世界1とも言われています。
できるだけオメガ6の油を控え、αーリノレン酸を多く含むえごま油を毎日スプーン1杯摂ることで、アトピーを抑えていきたいものです。

また、アトピー体質の赤ちゃんをお持ちのお母さんは、リノール酸やマーガリンなどはできるだけ摂らずに、母乳に含まれるリノール酸の含有率を減らすように努力して下さい。

母乳が出ない方は、粉ミルクを選ぶときに、リノール酸を減らしてαーリノレン酸を増やしているものもありますので、意識してみられると良いと思います。

スポンサーリンク
えごま油10

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
えごま油10